1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

部下育成 + 自分の価値観を相手にも求めない事

自分の価値観を相手にも求めない。



f:id:greathelp:20211029043517j:plain



部下育成において気を付けてほしいポイントが、自分の価値観を相手に求めないという事です。


例えばあなたの価値観がお金だった場合、意識していないとつい部下にもそこを求めてしまいます。


お金が貰えるんだから残業で仕事を終わらせよう、お金の為に頑張ろう。


特に今の20代の若い方には通用しないケースが多いです。


年代で言うと我々30代中盤〜後半世代がお金と存在価値の中間くらいです。


今の20代の方達は価値観が存在価値の方が大きくお金よりも時間や承認を求めています。


そんな状況で上司が自分の価値観を押し付けてくると当然モチベーションは下がります。


部下育成において相手の価値観を知り、そこに合わせた個々への対応がとても大切です。


逆にそこさえ出来ていれば、部下も力を付けていってくれます。


上司の役割には色々有ります。


勿論、会社の経営や管理に等お金に関わる内容がメインでは有りますが、人に関わる事はどんな事よりも優先しなくてはいけません。


お金を稼ぐのは自社の社員だからです。


人財です。


その意識があれば部下も自発的な行動を取ってくれるようになりますし、チームとしての成果を上げてくれます。


部下の事をどれだけ知っているか、1度考えてみましょう。


意外と知らない事が多い事に気付きます。


趣味、会社での人間関係、業務内容、上司として知っておいた方が良い事は沢山有ります。


ぜひ部下育成においては価値観を意識してみて下さい。