1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

古着販売 + 自分の商品がもっと売れるようになるマインド

自分の商品がもっと売れるようになるマインドとマーケティングについて。



f:id:greathelp:20211031060142j:plain



ネットビジネスをされている方は自分の商品をもっと売りたいと思っていると思います。


ただ、思っているだけではなかなか売上も利益も勝手には上がっていきません。


売上や利益を上げる為には色々なポイントがあります。


特に売り手側のマインド(思考)、マーケティングが凄く重要になってきます。


古着の販売を例に出しますが、
まず仕入れに関してどのような感覚で行っていますか??


これカッコイイ、カワイイ、流行っていたから等自分の経験や直感だけに頼っていませんか??


これをしてしまうと売れる商品もあれば売れ残って結局値下げしまくって赤字というパターンも増えてしまいます。


これはなぜ起きるのかと言うと、矢印が完全に自分だけになってしまっているからです。


自分が良いと思ったからといってお客様も良いと思うとは限らないからです。


確かに今流行しているブランド品は共通で欲しい方は多いと思いますが、古着となってくるとそれが通用しにくくなってしまいます。


仕入れる時に、これはどんな人が着るのだろうか?どんなシーンで着るのだろうか?という事をイメージする事が大切です。


つまり矢印が相手に向いてます。


そしてターゲット層はどの辺りなのかも重要です。


10代なのか20代〜30代なのか40代〜なのか、男性か女性かをしっかり自分の中で認識していないとあなたのショップはゴチャゴチャしたお店になってしまいます。


実店舗ならまだしもフリマアプリでのショップではある程度纏まりのあるお店作りが大切です。


メンズの服をメインのショップなのに、赤ちゃん用の服や家電があると違和感が有りますよね。


ある程度は自分のターゲットとする客層に合わせた統一感のあるお店を意識しましょう。


そして最後、流行りのアイテムですが、注意してほしいのが、流行りは日々変化するという事です。


数年前にビッグロゴが流行し、当時はある程度どんなブランドでもビッグロゴなら売れていた時期もありました。


しかし今は仕入れ対象は限られています。


分かりやすいのはカ○パです。


一時店舗にあれば仕入れ対象だったこのブランドも今は仕入れ対象外となっています。(あくまで筆者の意見です)


このように過去の情報をいつまでも自分の中で更新せずにいるとつい仕入れてしまって不良在庫を持つ事になってしまいます。


流行アイテムを取り扱う際はマメにリサーチしておきましょう。


最新の正確な情報をどれだけ取れるかで、売上や利益は確実に変わります。


自分目線では無くお客様の目線にどれだけ立てるかがポイントですね♪


頑張りましょう♪