1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

月曜日の不安を少なくする + 紙とペンを使ったアナログな方法

月曜日の不安を少なくするアナログなオススメの方法について。


月曜日ってサラリーマンをやっていると、ほとんどの方が不安になると思います。


大型連休明けの初日ほどではありませんが、不安になりやすい曜日ですよね。


そんな月曜日を迎える前にやっておくと不安を少なくできるオススメな方法を解説したいと思います。


最初に伝えておきますが、かなりアナログな方法になります。


メモ帳(紙なら何でもOKです)とペンを準備します。


そして日曜日の夕方〜夜に不安に感じた事を箇条書きでメモしておきます。



f:id:greathelp:20211115043907j:plain



例えば憂鬱な会議がある、仕事が溜まって残業になるかもしれない、嫌な上司と会わなければいけない等、とにかく不安に感じた事を書いて行きます。


その時に理由が付けられるモノは書いておきましょう。


そして帰宅後にアンサーを付け加えます。


残業になるかもしれない→段取りを意識して仕事したから定時で帰宅できた等、実際に起きた事を書きます。


この作業を1か月くらい続けて記録を残してみて下さい。


結論から書きますが、恐らく不安の9割は当たらない事に気付くでしょう。


これを毎週日曜日の憂鬱になる時間帯に読み返します。


かなりアナログな方法ですが、かなり不安が少なくできます。


もし紙が面倒くさい方はスマホのメモでも構いません。


人は未来について頭だけで考えて不安になってしまいますので、しっかり見える化するのがポイントです。


手を使い、目を使う事で効果が増えます。


そして記録に残るのでいつでも見返せるのが良いですよね。


日曜日以外にも毎日読み返しても良いですよね。


不安になりやすい方には凄くオススメなアナログな方法でした。


そして更にレベルを上げようと思えば、不安が的中してしまった項目については、対策案を考えて再発防止まで検討できると、更に不安は無くなります。


まずは1か月やってみましょう。


必ず不安が少なくなりますので♪