1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

相手は何を望んでいるのか + そこを考えると上手く行き出す

相手は何を望んでいるのかを考えると物事は上手く行き出す。


ビジネスでも他の事でもそうですが、共通して言える事は、相手の望んでいる事をする事で成功するという事です。



f:id:greathelp:20211119043447j:plain



例えばモノを売るときに、自分だけの気持ちを一方的に伝えてしまうと購入者側は買う気持ちなんて出て来ません。


商品説明文に自分の価値観を並べても相手からするとギャップを感じます。


服が欲しい人に家具を見せても欲しくなりませんよね。


まーよほど良いモノがあれば気持ちが変わって欲しくなる事はあるかもしれませんがごく稀ですよね。


相手の望んでいる事を達成しようと思えばターゲットをしっかり決めて対応する必要が有ります。


10代の学生の方に売るのと30代のサラリーマンの方に売るのでは価格設定や取り扱う商品も当然変わります。


自分は誰に価値を提供したいのかをよく決めておきましょう。


マーケティングは凄く大切です。


売上が伸び悩んでいるなと思う方は、一度自分のショップページをじっくり見直し、ターゲットに対し価値を提供出来るような内容になっているかを考えてみると良いと思います。


ビジネス以外でもそうですよね。


価値観が食べ物の方が、食に興味が無い方を食事に誘っても相手は喜びません。


価値観が存在価値の方にお金で残業をお願いしても嫌がられるだけです。


相手は何を望んでいるのかが考えられると、かなり成功する確率は上がってきます。


ぜひ相手を意識してもらい、色々な事に挑戦してみて下さい♪


今より絶対に人生が上手く行き出します♪